トップ >  愛犬家住宅コーディネーター >  愛犬が快適に過ごせる庭

☆愛犬が快適に過ごせて、安全な庭とは?

1.  基本的には飼い主のスタイルやニーズに合わせるが
   愛犬の為には身体に優しく、また、泥んこにならずノミやダニが
   寄生しないような環境の庭造りがベストです。

2.  植裁のデザインは愛犬の生態特性を考えて行いたいですね、
   まず水はけが良いことです、
   水はけが悪いと害虫が繁殖しやすくなり愛犬の病気や疾患を
   引き起こす要因
になるからです。

2-2,水はけが悪いとオシッコなどの臭いの元にもなりせっかくの
   庭が台無しになります、砂利などの吸水性の低い材質を使い
   水はけ の良い環境にしたいですね。

3.  グランドカバーはワンちゃんの足腰に負担になりにくく
   安全な物が良いでしょう、
   コンクリートや自然石は夏の照り返しも強く
   不快さを伴う事がありますので注意しましょう。

4.  庭には水はけもよくワンちゃんの足腰にも優しい天然芝が
   お薦めです、和芝(高麗芝)と洋芝(ペント)があり、
   高麗芝は柔らかく日本国内では冬の間、枯れてしまいます
   ペントはやや硬く一年を通して青々としています。
   

5.  庭の雰囲気をアップさせるアイテムにトレリスやラティスが
   有ります、トレリス(縦格子)は洋風庭園に用いてツタなどを
   意図的に伝わせる物です。
   ラティス(斜め格子)は目隠しのフェンスの役目も果たし
   プランターなどを吊すと効果的に雰囲気がアップするでしょう。

   凸ポち! 愛犬家の快適な住まいずくりを応援します。

京都府伏見区で愛犬家のための家作りをお考えの方は、鮫島浩工務店へ

京都近郊にお住まいの方 限定プレゼント!!!

☆☆愛犬家の家に関するバイブルを限定プレゼント☆☆
犬のこと、もっと学ぼう

犬を飼うご家庭は、今や、4軒に1軒。50歳代以上ではおよそ3割
39%が現在の住まいに不満、77%に住宅改善ニーズがあります。
そんな改善のポイントをわかりやすく説明しています。

<本誌の内容の一部ご紹介>
本書は、前半部分で愛犬家の悩みについて触れ、各空間の工夫例や実例 を紹介し、 さらに家づくりのポイントや愛犬家住宅に適した建材・設備の紹介により、愛犬家が具体的にイメージしやすい内容で 構成されています。


↓↓↓こちらからお申し込みください↓↓↓
鮫島工務店長男は愛犬家住宅コーディネーターの有資格者です。


京都府伏見区で愛犬家のための家作りをお考えの方は、鮫島浩工務店へお気軽にご相談ください。

” エコ大工 ”は鮫島浩工務店の商標登録です。



   

リフォームを京都でお考えの方は鮫島浩工務店までお問い合わせ下さい